連結会計⑨債権債務の相殺消去行ったときの貸倒引当金の調整

はじめに 『連結⑥連結グループ内の内部取引を相殺消去する』で、連結会社相互間の取引があるときの債権債務の相殺消去を取り上げました。 連結グループ内なのに実際に貸倒れが生じるかどうかは別の問題として、相殺消去した債権に対し   →

連結会計⑧企業グループ内で売買したときに生じる未実現損益の消去【固定資産】

はじめに 『連結会計⑦企業グループ内で売買したときに生じる未実現損益の消去【棚卸資産】』で取り上げた未実現利益の消去という処理を行うときは、連結会社グループ内取引において、期末時点で販売先がいまだ在庫として保有するときで   →

連結会計⑦企業グループ内で売買したときに生じる未実現損益の消去【棚卸資産】

はじめに 連結グループを1つと考えるとき、連結グループ内の取引は内部取引となり、相殺消去します。 例えば、親会社から子会社に対する販売を行い、期末時点で売掛金と買掛金が計上されて、未決済のときのようなケースである、取引高   →

コストを変動費と固定費に分ける方法【CVP分析前の固変分解】

はじめに 企業、組織は、100%(と言い切りたい)財務会計を行い、そこでは、コスト(費用)を勘定科目というかたちで分けています。 管理会計上では、その勘定科目ではなく、売上や製造現場の操業度といった営業量に比例する「変動   →

短期利益計画のために必要なCVP分析、損益分岐点に関する記事を書いてみた

はじめに 筆者がCVP分析を初めてみたのは、簿記2級工業簿記でした。 CVP分析は、Cost(コスト)、Volume(量)、Profit(利益)の頭文字で、営業量の変動によって、原価や利益がどのようになるかを分析すること   →

事業承継をお考えの方のためにM&Aの流れを概説します。

はじめに 中小企業には事業承継という課題があり、後継者を見つけて育成するという策とともに、M&Aという策が注目を浴び続けています。 M&Aは、Mergers and Acquisitionsの略であり、合   →

売上高を用いて、「回転率」と「回転期間」という財務諸表分析

回転期間とは? 財務諸表分析・経営分析の中でも、改善の糸口になりやすいもののうちに、回転期間というものがあります。 回転期間は、売掛金という資産でいうと、売掛金が1回転(計上されて回収するまで)するのにどれだけの期間がか   →

連結会計⑥連結グループ内の内部取引を相殺消去する

はじめに 連結会計では、連結会社相互間の取引高及びそれに伴って生じる債権債務は相殺消去します。 連結会社相互間の取引は、連結グループを1つと捉えたとき、内部取引であるからです。 今回は、親会社と子会社の取引について仕訳を   →

財務会計と管理会計の違いについて

はじめに 会計は、家計、企業会計、公会計等といわれるものを含んでいますが、今回は、企業会計です。 企業会計は、財務会計と管理会計に分けられます。 税務署に確定申告書を提出するため、株主に財政状態・経営成績を報告するためな   →

税理士と公認会計士の違いは?

はじめに 税理士と公認会計士は、弁護士、司法書士、行政書士、社会保険労務士、不動産鑑定士、弁理士、中小企業診断士などとともに士業といわれる国家資格です。 税理士と公認会計士は、試験では簿記1級(受験資格に関係ありませんが   →